規約

丹後吹奏楽団々則

(名称)

第1条 本楽団は「丹後吹奏楽団」と称する。

(目的)

第 2条 本楽団は吹奏楽を楽しみ、音楽活動を通して技術の向上をはかると共に、地域文化の発展、向上に貢献する事を目的とする。

(事業)

第3条 本楽団は目的達成のために次の事業を行う。

  • (1)演奏会の開催
  • (2)各種音楽コンサートの参加
  • (3)その他目的達成のために必要な事業

(構成)

第4条 原則として丹後地域に在住あるいは勤務し、吹奏楽を愛好する人で構成する。

(役員)

第5条 本楽団に次の役員を置く。

  • (1) 団長(1名)
  • (2) 副団長(1名)
  • (3) 事務局長(1名)
  • (4) 会計(1名)

(会議)

第6条 本楽団に次の会議を置く。

  • (1)通常総会
    • ① 団則の制定及び改廃に関すること。
    • ② 事業計画に関すること。
    • ③ 予算及び決算関すること。
    • ④ その他本楽団の運営に関し重要な事項に関すること。
  • (2)臨時総会
    • 役員の選出等、本楽団の運営に関し重要な事項に関すること。
  • (3)役員会
    • 本楽団の人事、運営等に関し重要な事項に関にすること。

(役員の選出)

第7条 本楽団の役員は、臨時総会において選出する。

(役員の任期)

第8条 本楽団の役員の任期は2年間とする。ただし再選は妨げない。役員に欠員が生じたときは、役員会で選出し、任期は前任者の残任期間とする。

(役員の任務)

第9条 役員の任務は次のとおりとする。

  • (1) 団長は本楽団を代表し、統括する。
  • (2) 副団長は
    • ① 団長を補佐し、団長不在の時はその職務を代行する。
    • ② 入退団者などの人事を行う。
    • ③ 会計監査を行う。
  • (3) 事務局長は
    • ① 本楽団の事業及び運営に関して企画・推進にあたる。
    • ② 会計監査を行う。
  • (4) 会計は
    • 会費の徴収並びに事業の収支等金銭の受け払いを担当する。

(事務局)

第10条 事務局の中に次の部署を置くものとする。また、各役職員は役員会で選出し、総会で承認を得る。

  • (1)企画
  • (2)渉内
  • (3)渉外
  • (4)総務
  • (5)楽譜
  • (6)管財

(音楽監督)

第11条 本楽団に音楽監督を置くものとする。音楽監督は本楽団の音楽活動全てを統括する。
選出、任期は役員に準ずる。

(経費)

第12条 本楽団の経費は、会費、補助金、助成金、寄付金、その他をもって充てる。

(会計年度)

第13条 本楽団の会計年度は、毎年1月1日に始まり12月31日に終わるものとする。

第14条 この団則に無い事項は役員会で定める。

付則 この団則は平成16年1月1日より実施する。

運営要項(会費等について)

1.入団

  • ① 本楽団に入団する者は入団届を提出し、 1ケ月分の会費を納入すること。
  • ② 入団した者は、氏名、連絡先等を団員名簿に登録し、その管理は総務が責任を持って行う。

2.会費

  • ① 会費は月額 1500円とする。但し高校生以下は月額500円とする。
  • ② 団員は会費を自動送金又は会計に納めなければならない。
  • ③ 団員は定期演奏会前に負担金 1万円を納めなければならない。
  • 但し高校生以下はこの限りではない。

3.休団

団員は練習に参加し会費を納める事が原則である。
但し、一身上の理由により月の初めから連続して 3ケ月以上練習に参加できない場合は休団届を理由発生後2週間以内に提出すること。届の無い者は会費を納めること。

4.退団

退団する場合は退団届を提出すること。届の無い者は会費を納めること。

5.除籍

1ケ年以上会費未納者は役員会において協議のうえ除籍する。

付 この要項は平成16年1月1日より実施する。